PSO2魔法戦士研究レポート。と、テキトーな日記。

魔法戦士が行く!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : : : スポンサー広告 :
Pagetop

法撃付き武器に関する考察。

魔法戦士と言えば、法撃付き武器。
そんな法撃付き武器に関するあれこれ。

調律変換の続報あります

法撃付き武器の一覧を作り直しました。
   ↓
【魔法戦士必携】法撃付き武器一覧


※超長文注意!
 マジでくっそ長いので、インデックスを作りました。
 興味のあるところだけ拾い読みすると良いです。









法撃付き武器に関する考察 - インデックス


【法撃付きのカタナ】

1 スサノグレン
※脱線話 ウチのブログ
2 パッケージ特典
3 法撃を付与する潜在能力「調律変換」
4 法撃武器との比較


【法撃付き武器全般について】

1 法撃付き武器の一覧
 <大剣>
 <自在槍>
 <長槍>
 <双小剣>
 <両剣>
 <鋼拳>
 <銃剣>
 <抜剣>
 <長銃>
 <大砲>
 <双機銃>
 <強弓>

2 法撃付き武器ランキング
 <法撃力ランキング>
 <法撃付き武器の多い武器種ランキング>
 <法撃付き武器をたくさん装備できる職ランキング>
 <変換率ランキング>

3 法撃値のパターンと調律変換
4 実用的な変換率とは

【まとめ】








【法撃付きのカタナ】


ブレイバー集中育成中ということで、まずは法撃付きのカタナのことを考えます。



1 スサノグレン


法撃付きのカタナと言えば、スサノグレン
私のいる6鯖で、50Mくらいするスサノグレン。
今使ってるディオラクルイコウよりも、打撃はほんの少し上。
だけど、法撃付きというのがやっぱり一番の特徴でしょう。

色々と理由があって、ウチの魔法戦士は法撃付きの剣(ソード、カタナ)は必須ではないです。
詳しい事情は、魔法戦士まとめ《キャラクター編》3 武器にて説明しているので、そちらをご覧ください。

しかし、剣を持ったままテクを使っているのも事実なので、法撃が付いていればそれに越したことはありません。
実際、ソードはトレイターリニアを使っているんですが、これにも法撃が付いてます。
Hu時はサザンではなくラザンを多用します。
トレイターリニアに持ち替えたことで、ラザンのダメージが倍くらいになりました。
ま、倍と言っても元々のダメージが小さいから、大したダメージにはならないんですけどね。

カタナの場合はどうか。
20連斬(→カタナ魔法戦士 雑魚戦)にサザンが含まれているし、サザンはLv16で大躍進するし、必須ではないけどちょっと欲しいかなくらいには思ってます。

でも、スサノグレンはなあ……。
50Mもするような武器を自力で掘れるとは思えないし、そこまで血眼になるほど欲しいわけじゃない。
もちろん、買える値段じゃない。
貯金、いくらあったかな。
20Mくらいは残ってるのか。
全財産をはたいても、半分にもならんとか。
仮にお金が足りたとしても、必須ではない武器にそこまで払えない。
潜在能力を加味したとしてもね。



※脱線話 ウチのブログ



そもそも、そこまで法撃付きカタナが欲しかったわけじゃないんですが、先日、このブログにいただいたコメントで興味が湧きました。

はっはっは。
私は集客に全く興味がなくて、SEOとか考えたこともないんですよ。
どうすれば人を呼び込めるか。
どうすれば人が楽しめるサイトになるか。
そんなことは微塵も考えてません。
アクセス数など知ったことか。
ただ、私が私の好きなように書き散らす。
私のこだわりの結晶でもある魔法戦士の記録を残し、保存する。
このブログは、そういう目的で作られています。


だから、人が見に来ているとはあまり思ってないし、まして、コメントが付くなどとは想像だにしてませんでした。
ほらほら。
普通、ブログって言ったら、「最新コメント」くらいナビゲーションに表示するでしょ?
ウチ、やってないからね。
トラックバックもないよ。
必要ないからね。
ランキング? 人気記事一覧?
いらんいらん。
コメントも、管理人の承認が必要だしね。
当ブログのコメント承認制については、スパム対策です。
まともなコメントがなくてスパムだけが増えていくとか、イヤじゃないですかー。
サイトの見た目的にもね。
もちろん、そんなもんが付いたら削除はしますけど、できるだけ不快なスパムが人目に晒されることのないように。
そういう目的での承認制です。
もっとも、人が来ないから不快なスパムも人目には付かないというオチ。
そもそも、スパムすら付かないというのが実情。

だが、ちょっと待って欲しい。
例えば、グーグルでPSO2 魔法戦士で検索する。
すると、アラ不思議、このブログが上位に表示される

マジか!
魔法戦士、どんだけ需要が少n


いや、少ないのはむしろ供給なのか。

ちなみに、同じように検索結果上位に表示されるパン劇管理人の独り言というサイトは私のブログです
PSO2に関連する話も、元々はあっちでやってたものです。
ただ、あのブログは特にジャンルなどはなくて、何でも書いてしまうブログです。
最近は、自分の作った晩御飯のメモみたいな記事が多くなってますね。
だけど、PSO2の記事が増加傾向にあったし、特に「魔法戦士まとめ」として書いた記事は膨大なテキスト量になってしまいました。
これは、別にブログを開設したほうがいいんではないか。
んで、このブログができました。
ついでに、公式サイトのサポーターズリンクにぽちっと登録。
現在に至る、というわけ。

なんにしても、割とシンプルな検索で上位に表示されてしまう以上、ある程度は人目も気にしなければなりません。
それ故の、コメント承認制なのでした。

まあ、もしもウチのブログがコメントたくさん付くようになったら、承認制はやめるつもり。
面倒だし。
多分、そんなことにはならないと思うけど。



2 パッケージ特典


本題に戻りましょう。
コメントが付いたことに感激しつつ、そこで寄せられた情報に興味を持ちました。

今度発売されるパッケージの特典に、法撃を付与する潜在が付くらしい。

法撃付きの武器ではなく、法撃を付与する潜在能力というところがミソですね。
この手の特典武器は、低レベル帯でしか使えないというのが、PSO2の常です。
公式でも、特典で強い武器は付けないと明言されているようです。
普通に考えたら、たとえ法撃が付いていても、特典武器である時点で実用性は低いということになります。
しかし、法撃が付いているのではなく、潜在能力が法撃を付与するという話。
潜在能力は、クラフトによる影響を受けません。
つまり、クラフトで実用レベルのものに作り変えても法撃を維持できるということ。

使えるかもしれない。
ロッドなんかはダメージの振れ幅が許容できなくて使う気になれないけど、カタナならそんなに気にならない。
事実、ディオラクを使うまではクラフトしたラクルイコウを使ってたし。

更に詳しく、リサーチしてみることに。



3 法撃を付与する潜在能力「調律変換」


先日の生放送で、触れられたそうですね。
実装前なので具体的な数字は不明ですが、

武器の打撃を割合で変換し、それを法撃として武器攻撃力に加算する

という潜在能力のようです。
名前は、調律変換であるという情報があります。

さて、ここで気になるのは、その変換率。
打撃の何割が法撃になるのか。
一割や二割だと、ちょっと使い物にならない。
まあ、ゼロよりマシ程度。

スサノグレンはどうでしょうか。

「スサノグレン」※赤字は+10での数値
打撃 468 889
法撃 300 570

打撃数値に対して、法撃数値は何割になっているか。
えーと。

約64%

という数字が出ました。
+10でも同様です。
あくまでスサノを基準にした場合ですが、60%程度で及第点ということになります。
では、クラフト武器ならばどうなるでしょう。

「カタナのクラフト上限」※赤字は+10での数値
打撃 450 855

スサノと同等の割合で法撃が付くと仮定して、

法撃 288 547

こんな感じになります。

また、潜在能力はLv1~Lv3まであるので、レベルによって変換率が変わることが考えられます。
潜在Lv3でスサノと同等くらいになる……のかなあ?
仮定に仮定を重ねる形にはなりますが。

Lv3 64% 280 547
Lv2 60% 270 513
Lv1 56% 252 479

このくらいと予想。
予想はあくまで予想です。
変換割合がスサノと同等という時点で、かなりの希望的観測と言わざるを得ないでしょう。
ただしこの数字は、あくまでスサノグレンを基準にしたものであることには留意してください。
結論から言ってしまうと、上記予想は全くアテになりません
実際には、☆10でも法撃が100しかない武器なんかもあります。
スサノのみを基準にして変換率を予想するのは、危険ってこと。
まあ、詳しい話は後ほど。



4 法撃武器との比較


そもそも、スサノの法撃570(+10)って、どのくらいのもんなの?
という疑問もないではないですね。
法撃570が、本職の武器攻撃力と比べてどのレベルなのかリサーチしてみます。
各データはPSO2WIKIから引用させていただきました。

長杖


☆9 ガーランド 305 533
☆9 リベラシオン 332 581


短杖


☆9 ホットジャック 320 560


導具


☆8 ラムダハードクォーツ 331 579


最初からわかり切っていたことではありますが、純然たるダメージ目的としては、SHで通用する数値ではないです。
カタナに限った話じゃないですが、法撃の付いた打撃武器を運用する場合、ダメージ源としてもテクは補助であるという割り切りが必要ですね。
ウチの魔法戦士のように、剣のみでもテクのみでも敵を倒せるという立ち回りを実現する場合、武器交換は必須です。








【法撃付き武器全般について】


法撃付き武器は、何もカタナだけじゃない。
魔法戦士と一口に言っても、色々なタイプが考えられます。
ウチの子の場合、主にソードを使いますね。
カタナを使うようになったのは、つい最近の話です。
なので、魔法戦士ではあるものの、魔法剣士と呼ぶ方が正しいかもしれません。
だけど、剣ではなく他の武器を使ってもいいわけです。
Huをメインとするならば、ソードだけでなくパルチザンやワイヤードランスという選択肢もあります。
Brなら、カタナ以外にもパレットボウが。
Fiなら、ツインダガーにダブルセイバー、ナックルも。
別にガンナーで魔法戦士をしてもいいと思うし。

そんな魔法戦士にとって、法撃付き武器というのは、無視できない存在。
ここからは、法撃付き武器全般を考えます。



1 法撃付き武器の一覧


法撃が付いている武器は、意外とたくさんありますね。
それらを、ざっと並べてみましょう。
ただし、法撃武器(ロッド、ウォンド、タリス)は除きます。
ついでなので、法撃値が打撃値の何%なのかを変換率として算出しておきます。
変換率は、小数点以下四捨五入してます。
各データはPSO2WIKIから引用させていただきました。

こちらに最新版あります。
   ↓
【魔法戦士必携】法撃付き武器一覧




<大剣>


☆8 ホーリーツリー 必要技量320 ※全クラス
 打撃 382 668
 法撃 266 465
 変換率 約70%

☆8 コートエッジ 必要法撃360
 打撃 393 687
 法撃 240 420
 変換率 約61%

☆10 コートエッジD 必要法撃450 ※全クラス
 打撃 333 632
 法撃 420 798
 変換率 約126%

☆10 マダムノアマガサ 必要法撃540 ※全クラス
 打撃 446 847
 法撃 280 532
 変換率 約63%

☆10 トレイターリニア 必要打撃防御420 ※Ra、Te装備可能
 打撃 553 1050
 法撃 300 570
 変換率 約54%


<自在槍>


☆7 クシャネビュラ 必要技量1
 打撃 150 262
 法撃 50 87
 変換率 約33%

☆9 ネイクロー 必要打撃580 ※全クラス
 打撃 411 719
 法撃 250 437
 変換率 約61%

☆10 ビブラスランス 必要射撃防御420 ※Ra、Fo、Br装備可能
 打撃 471 894
 法撃 500 950
 変換率 約106%

☆10 ヤサカニノマガタマ 必要法撃防御420 ※Fo、Br装備可能
 打撃 476 904
 法撃 300 570
 変換率 約63%

☆11 ファルクロー 必要打撃600 ※Fi装備可能
 打撃 474 924
 法撃 350 682
 変換率 約74%


<長槍>


☆8 ソウルイーター 必要技量184 ※全クラス
 打撃 186 325
 法撃 100 175
 変換率 約54%

☆10 アメン・トゥム 必要技量400 ※Fi、Fo装備可能
 打撃 391 741
 法撃 100 190
 変換率 約26%


<双小剣>


☆10 マリーネイルス 必要打撃防御420 ※Gu、Te、Br装備可能
 打撃 361 685
 法撃 300 570
 変換率 約83%


<両剣>


☆10 ナールクレセント 必要法撃420 ※Fo、Te装備可能
 打撃 262 497
 法撃 300 570
 変換率 約115%

☆10 アメン・ホテプ 必要技量400 ※Hu、Fo装備可能
 打撃 338 642
 法撃 100 190
 変換率 約30%


<鋼拳>


☆10 ストロングゴコウ 必要打撃防御420 ※Fo装備可能
 打撃 532 1010
 法撃 300 570
 変換率 約56%


<銃剣>


☆7 レイデュプル 必要法撃241
 打撃 155 271
 射撃 140 245
 法撃 50 87
 変換率(打撃) 約32%
 変換率(射撃) 約36%

☆10 ネーロパラソーレ 必要法撃520
 打撃 291 552
 射撃 269 511
 法撃 200 380
 変換率(打撃) 約69%
 変換率(射撃) 約74%

☆10 ネルシール 必要法撃540
 打撃 355 674
 射撃 319 606
 法撃 100 190
 変換率(打撃) 約28%
 変換率(射撃) 約31%

☆10 クリアデュプル 必要法撃630
 打撃 410 779
 射撃 369 701
 法撃 150 285
 変換率(打撃) 約37%
 変換率(射撃) 約41%

☆10 コールサイファー 必要法撃防御420
 打撃 404 767
 射撃 425 807
 法撃 300 570
 変換率(打撃) 約74%
 変換率(射撃) 約71%


<抜剣>


☆10 スサノグレン 必要法撃防御420 ※Hu、Fo装備可能
 打撃 468 889
 法撃 300 570
 変換率 約64%


<長銃>


☆10 ホーリーレイ 必要射撃650 ※全クラス
 射撃 478 908
 法撃 100 190
 変換率 約21%


<大砲>


☆7 アルラッピーキャノン 必要打撃防御326 ※全クラス
 射撃 225 393
 法撃 50 87
 変換率 約22%

☆7 ラブラッピーキャノン 必要法撃防御326 ※全クラス
 射撃 225 393
 法撃 50 87
 変換率 約22%

☆10 ビブラスキャノン 必要射撃防御420 ※Hu、Fo、Br装備可能
 射撃 530 1007
 法撃 500 950
 変換率 約94%

☆10 ティルトレイター 必要打撃防御420 Hu、Te装備可能
 射撃 536 1018
 法撃 300 570
 変換率 約56%


<双機銃>


☆10 ブラウヴィント 必要打撃防御420 ※Fi、Te、Br装備可能
 射撃 510 969
 法撃 300 570
 変換率 約59%


<強弓>


☆10 ビブラスボウ 射撃防御420 ※Hu、Ra、Fo装備可能
 射撃 543 1031
 法撃 500 950
 変換率 約92%

☆10 ネブラウィンド 必要打撃防御420 ※Fi、Gu、Te装備可能
 射撃 548 1041
 法撃 300 570
 変換率 約55%

☆10 スサノヒキ 必要法撃防御420 ※Hu、Fo装備可能
 射撃 553 1050
 法撃 300 570
 変換率 約54%



2 法撃付き武器ランキング


せっかく集めたデータなので、もう少しわかりやすくランキング形式で整理してみます。


<法撃力ランキング>


1st 法撃力500
ビブラスランス(自在槍)
ビブラスキャノン(大砲)
ビブラスボウ(強弓)

2nd 法撃力420
コートエッジD(大剣)

3rd 法撃力350
ファルクロー(自在槍)



ビブラスシリーズの法撃は、強いですね。
ロッドで言えば、ルビアシェントと同等です。
それでいて、打撃や射撃の数値も一線級だから凄い。
コートエッジDも法撃だけ見るとかなりのものですが、アレはソードとしては打撃が不充分ですからね。

そして、三位には唯一の☆11武器ファルクローが貫禄のランクイン。
自在槍は、トップ3に二つランクインという快挙です。
何なんでしょう。
公式は、自在槍で魔法戦士をやれと言っているんでしょうか。
ちょっと、ワイヤードランスに浮気したくなりますね。
いやいや、私は剣一筋と決めたんだ。
武器パレも余裕ないし。

そこで、今度は武器カテゴリごとの法撃付き武器の個数をリサーチ。


<法撃付き武器の多い武器種ランキング>


1st 5種
大剣
自在槍
銃剣

2nd 4種
大砲

3rd 3種
強弓


法撃ランキングトップ3に二つ入った自在槍が、ここでも一位に。
魔法剣士を使う身としては、ソードの一位にはホッとします。
ガンスラは、数こそ多いものの高い法撃を持つものが少ないのが難点か。

意外だったのは、二位の大砲。
ランチャーで魔法戦士……いや、魔法砲士?
私はあんまり燃えません。

三位は、武器種としては新参の強弓。
魔法弓士か……どっちにしても遠距離戦闘?
いや、弓は意外と近接向きのPAもあるし、悪くないのかも。
Brのウィークスタンスは、射撃と法撃に向いたスキルだし。
バニッシュアロウをナメギと併用するって手もある。
法撃付きのカタナがスサノグレンしかないことを考えると、案外バランスは取れている……のか?


つーことで、次のランキングはクラスごとに装備可能な法撃付き武器の数をまとめてみます。


<法撃付き武器をたくさん装備できる職ランキング>


1st 26種
Hu

2nd 23種
Fo

3rd 22種
Br

4th 21種
Fi

5th 19種
Te

6th 18種
Ra

7th 16種
Gu


さっきの武器カテゴリランキングで、一位のラインナップを見ればHuが一番多く装備でそうなのは予想できましたね。
法撃付き武器を装備しようと思ったら、一番融通が利くのがHuってことでしょう。
迷ったらハンター!
覚えておいて損はない。


しかし、二位のFoはちょっと意外だった。
同じテク職のTeに対して、大差と言っていい差を付けている気がする。
Foが装備できる武器種としてはガンスラだけなのに、この多さ。
テクのスペシャリストとしての意地を見せたか。

三位のBrは、なんとなく予想できてた。
「Br装備可能」っていうのが、多い気がしたから。
結構優遇されている気がするぞ、Br。

反対に、最下位は射撃職が独占する形に。
うーん。
ガンテクなんかは結構楽しいと思うんだけど。
まあ、法撃付きの双機銃があんまり多くなるようだと、スタイリッシュナメギオンラインになりそうな気がするから、バランスとしては正しいのかもしれない。
ナメギのチャージ時間考えたら、そんなに流行るわけないとは思うけど。
Raだったら、ラザン打ち上げからスナイプとかが楽しそうな気もする。
ザンバーススナイプとかも楽しいかもしれない。


<変換率ランキング>


調律変換という潜在が来る、ということで変換率も比べてみます。
ですが、先に結論を言ってしまうと、せっかく算出した変換率ですが、あんまり意味ないです。
ランキングを見ても、わかるかと思います。

1st 126%
コートエッジD(大剣)

2nd 115%
ナールクレセント(両剣)

3rd 106%
ビブラスランス(自在槍)


変換率100%超ということは、つまり、武器固有の攻撃力(打撃とか射撃)を法撃が上回ってしまっているということです。
ロッドなんかでも、似たようなものがありましたね。
法撃武器のクセに打撃の方が強い(数値が高い)リベラシオンとか。
一部では、開発がミスってコートエッジDとリベラシオンの攻撃力をあべこべにしてしまったんじゃないかという噂まで流れたようです。
ま、真相はわかりませんけど。

このランキングを通して私が言いたいことは、

法撃付き武器の法撃と、その武器固有の攻撃力の数値の間に相関関係はない

ということです。
そこら辺を踏まえて、次の話に行きましょう。





3 法撃値のパターンと調律変換


さて。
こうしてデータを整理してみると、わかってくることがありますね。

それは、

潜在能力「調律変換」による法撃の付与がいかに異質なものであるか

です。
データやランキングを見てもらえればわかりますが、一般的な法撃付き武器の法撃値は、

その武器カテゴリ固有の攻撃力とは、何の相関関係もありません

全てではないですが、法撃数値には一定のパターンが見て取れます。
例えば、ビブラスシリーズ。
打撃や射撃数値とは関係なく、一律で500(+10で950)に設定されています。
その意味では変換率の算出は全く意味がありません。
他の武器だと、300や100が多いですね。
☆10で、そこそこ強いはずなのに付いてる法撃は100とか、そういうのもあります。

更に言うと、武器固有の攻撃力だけでなく、武器種さえも法撃数値とは関係がないように思えます。

スサノグレンの話で調律変換の変換率を予想しましたが、これが全くアテにならないというのはこういうことです。
あの予想は、あくまでもスサノグレンのみを基準にしたものです。
法撃付き武器全般を見ると、スサノの法撃は四位に入るほどの高性能でした。
そんな高性能武器を基準にしていいものなのか。

最終的なことを言うと、

既存の法撃付き武器の法撃値は、調律変換の変換率を考える上ではあまり参考にならない

ってこと。



4 実用的な変換率とは


というわけで、調律変換の変換率を予想するのは諦めます。
だから、予想ではなく希望を見出しましょう。
これなら、既存の法撃付き武器のデータが役に立ちます。

まず、実用レベルと思われる法撃数値。
100くらいでもあるだけマシとは言えますが、そのために潜在解放ができるかというところが大事です。
潜在解放のコストまで考えた時、100程度では引き合うとは思えません。
件のパッケージ特典のレアリティが☆7くらいで、多少安く上がるにしても。

クラフトによる打撃の上限が、カタナの場合は450(+10で855)
潜在Lv3で100くらいの法撃がつくと仮定すると、変換率は22%。
さすがに低すぎるんじゃない……?
ちなみに、既存の法撃付き武器の中で変換率22%に相当する武器は。

☆10 アメン・トゥム 必要技量400 ※Fi、Fo装備可能
 打撃 391 741
 法撃 100 190
 変換率 約26%

☆10 ホーリーレイ 必要射撃650 ※全クラス
 射撃 478 908
 法撃 100 190
 変換率 約21%

☆7 アルラッピーキャノン 必要打撃防御326 ※全クラス
 射撃 225 393
 法撃 50 87
 変換率 約22%

☆7 ラブラッピーキャノン 必要法撃防御326 ※全クラス
 射撃 225 393
 法撃 50 87
 変換率 約22%

おまけレベルで法撃付いてる武器じゃないですかやだー。
しかも、レアリティが☆9以下なら、+10にしても190に届かない。

変換率20%台は勘弁してほしい。


じゃあ、法撃200くらいならどうよ?
打撃450に対して法撃200なら、変換率は44%。
変換率44%に相当する既存の武器は。

強いて言うならコレ。

☆10 クリアデュプル 必要法撃630
 打撃 410 779
 射撃 369 701
 法撃 150 285
 変換率(打撃) 約37%
 変換率(射撃) 約41%

微妙。



つーかもう、既存武器の変換率の平均を取って、相応しい変換率を出してやる。





62%





奇しくも、スサノグレンとほとんど同じ数字になりました。



結論。

変換率60%以上なら、不満は上がらない。多分。



あくまでも、希望的観測です。
決して、精度を伴った予想ではありません。








【まとめ】


やっぱ、主力級の法撃を求めてはいけないと思う。
ビブラスシリーズのような例外はあるものの……てかあれ、強すぎじゃないかな。
サブパレに攻撃テクをたくさん入れてばんばん撃てる人なら、ビブラスシリーズ一択かも。
ウチの子みたいに武器の切り替えをするのではなく、武器一本で打撃と法撃を両立するならこれしかない。
それでも、切り替え前提にしたロッドの方が強いけどね。

あと、法撃付き武器も武器種によってかなり偏りがある。
法撃付き武器で現状最強なのは、自在槍。
種類も豊富で、しかも高性能。
武器種にこだわりがないなら、自在槍で決まり。

もし、自分の好きな武器種に法撃付が乏しい場合は、ウチみたいに切り替えをオススメします。
切り替えの弱みは、剣技とテクを組み合わせたカッコイイ連携を編み出しても、テク部分でダメージが出ないってことか。



私ですか?
ソードに関してはトレイターリニアがあるから問題なし。
カタナは……正直、パッケージ特典がどうなるかわからない。
調律変換の変換率が60%超えるなら、入手を検討する。
そうでなければ、スサノグレンの値下がりを気長に待つか、新たな法撃付きカタナの登場を待つか。



といったところで、今回の考察はおしまい。
長らくのお付き合い、ありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト

2014-02-19 : ファンタシースターオンライン2 : オンラインゲーム : 考察 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント
 ※非公開コメントは受け付けておりません


 ※投稿されたコメントは、管理人の承認後に表示されます
 ※スパム、または誹謗中傷やその他不適切な内容を含むと管理人が判断したコメントは、承認せず削除することがあります

 ※現在、試験的に承認制を解除しているので、コメントは投稿後すぐに表示されます
 ※FC2ブログの仕様により、想定外の文言が禁止ワードに引っかかって投稿できない時があります

Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ & 独り言

貴方はもう、
独りなんかじゃない。
魔法戦士のたまり場
素敵な仲間が、
貴方を待っているよ。

学ラン、詰襟、ヒャッハー!


今のお気に入り。


せっかくのドゥドゥ弱体なので、ダガーとTマシ新調した上にスキル振り直してツインガンダガー完全リニューアルした。リミブレチェインから何をやるか考え中。暫定でシンフォ→ワルツ→ノクターン。どこまでチェインが乗ってるかはわからん。
尚、ダガーはサイカ・ヒョウリを使用。固有のメギバのおかげでガルミラなしでも空中回復できるぜヒャッハー!
あと、ツインガンダガーはやっぱりかっこよくて楽しいです。


どうもアイテムパックが窮屈だなと思って、ちょっと内訳を確認してみた。

武器:13
ユニット:3
リング:2
コス:38(パーツ含む)
武器迷彩:13
ギャザ消耗品:4
雑貨(ムーンその他):9
合計:82/150

所持品の半分以上がオシャレ用品(コス+迷彩)であると判明。最大値の150から比較しても、3分の1がオシャレ用品。だって、女の子だもんっ!(ぶりっ子訓練中)
地味に武器の多さも見逃せないが、これくらいはアークスの嗜みとしては普通だよね。


やっとBrのクラスキューブ終わったー! 次はBoだぜ。武器も新調したし、久しぶりだから少し楽しみなのです。


健康って大事だなって、ホント思う。身体壊したら何にもできないからね。この身体さえ回復してくれれば、ブログの再開だってできるのに。


引退宣言みたいな感じの記事書いてますが、ゲームは細々と続けてます。
しかし、ツイッター封印しただけでもブログ書きたい気分が急上昇するね。いや、元々やる気だけは充分あったのよ。ホント、時間と体力の問題だけ。


ドゥドゥが弱ってたから、新しいブーツとDB買って叩いた。
無心の型がウチの子のプレイスタイルにハマりすぎてて笑うしかない。
リンドクレイの第二潜在とかが無心になったら、ガチで悩むレベル。


リンクページに友の会メンバーnanabachさんのブログを追加しました。

現在、試験的にコメント承認制を解除しています。
ついでに、左側のプラグインエリアに「最新コメント」を追加しました。

リンクページ新設。
それに伴い、グローバルナビゲーションに「リンク」を追加。

サイトをちょっぴり改装。
こういうタイトル画像、やってみたかったんだよね。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「コメント」をクリックしてもコメント欄にジャンプしない不具合を修正。

重たい記事が下がったので、記事の表示件数を元に戻しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

魔法戦士まとめ(EP2)
脱稿しました。
ページが妙に重いので、記事の表示件数を減らしました。

魔法戦士まとめ(EP2)
の執筆中です。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

IEでレイアウトが大幅に崩れていた不具合を修正。
カテゴリリンク、メニューバーに
「魔法戦士と弟子S」を追加。

「魔法戦士と弟子S」第三回
の製作に入りました。
ということを、更新停滞の言い訳にしてみる。
まあ、誰も待ってないけど。

新コンテンツ
「魔法戦士と弟子S」
始めました。
会話文形式の日記になっています。

新しいコンテンツの準備中につき
更新が停滞しております。
ちなみに、予定している新コンテンツは 役に立つものではありません。

「おすすめ記事」
を設置してみたよ。
下↓にあります。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

ちょっとずつ進めてちょっとずつ更新する予定だった
「ダルスソレイド強化計画」
が完了してしまったので更新。

「ダルスソレイド強化計画」
を、
進行状況に合わせて更新中。

PSO2小説
「モニカにお仕置き」
を掲載。
私の笑いのセンスは
少しズレている、ということを
久々に思い出した。

.
.

ゆっくりしていってね。

初めての方は、
このブログについて
からご覧ください。

このブログで使われているゲーム画像の著作権は、以下に帰属します。 (c)SEGA PANTSYSTAR ONLINE2
ブログパーツ
-法務省 ネットによる人権侵害に関する広告

プロフィール

刃渡まつり@PSO2

name : REIKA
class : 魔法戦士(Hu/Te)
ship : 6
team : 劇団ロンリースター
ブログ管理人 : 刃渡まつり

PSO2で魔法戦士やってます。

みんなの最新記事

法撃と双刃剣

    ドゥドゥモア6号店

      TeBrでぶらりPSO2

        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。