PSO2魔法戦士研究レポート。と、テキトーな日記。

魔法戦士が行く!

チャレンジクエスト所感。

実装初日に少しだけ行ってきたけど、その後はログインボーナスすらもらえない日があるくらいには忙しい。
少し時間は経ってしまったけど、チャレンジクエストの所感などをまとめてみる。








すごい楽しい。
まずはそれ。

この日、チャレンジクエストには3回行くことができましたが、その内2回は完全ソロ。
ソロだとさすがに厳しいと思う部分も多々ありましたが、それでも物凄く楽しかったですね。

ちなみに、その日最後の3回目の挑戦では、ここまで来れました。

チャレンジクエスト

厳密には、この後のマイザーまで。
マイザーを倒して、その次のクーガーで時間切れとなりました。
戦闘不能回数は3回だったかな。
ほとんど初めてと変わらない程度の回数でここまで来れたのなら、まあ私としては上出来でしょう。

以下、思ったことを適当に綴っていきます。





1 現地調達!


やはり最大の魅力はここでしょう。
どんな武器が入手できるかわからない。
手に入るものが何であれ、素手よりはマシでしょう。
ならば、拾ったものからどんどん使っていくしかない。
あれは使えない、これは苦手だとか言ってられない状況。
特に序盤はそうですね。

普段使わない武器で戦うのが楽しいっていうのが一つ。
あと、弱い状態でいかに敵を倒すかが楽しいっていうのもあり。
入手できるPAやテクニックも限定されるので、得意な武器を拾ってもPAなしとかいうこともありつつ。
限られた装備でどう戦うか?
そういうのが凄く楽しい。

ユニットは武器以上に拾い難いので、被弾はかなり痛いです。
いかに効率的に攻撃するかだけでなく、いかに被弾を減らすかという点も重要になりますね。
攻撃だけでは進めないという、これまでのPSO2のあり方を否定してくれる辺りには痛快感すらあります。

色んな意味で、プレイヤースキルが試されますよねー。
報酬に目を瞑っても、めちゃ遊べるコンテンツと感じます。





2 ソロorPT?


3回行った中の2回目は、他にも人がいました。
総勢5人程度にはなっていたんでしょうか。

結論から言うと、時間切れが一番早かったのはこの時です。
というのも、死に戻りしてしまうと、VRエネルギーが大きく消費されてしまうためです。
んで、VRエネルギーはキャラクター単位で管理されているわけではありません。
その部屋全体で共通です。
人数が多くても全員が全員簡単に死なないような人なら大きな影響はありませんが、そうでない場合は大人数が仇になります。
人数と死亡率が比例してしまうと、それはダイレクトにVRエネルギーの寿命を縮めてしまうわけですね。
極端な言い方をすれば、12人中11人が全く死なないプロアークスでも、限度を超えて死に戻りを繰り返す人が一人いるだけでクリアが難しくなるということですね。

……怖い怖い。
チャレンジクエストに限らないですが、野良で行く時は全てを受け入れる心構えが大事だと思います。
何があっても、野良なんだからしょうがない。
そういう割り切りができない人は、野良に参加すべきではないでしょう。
自分も他人も不愉快になるだけです。

野良でクエストが上手くいかなかったとしても、そこまで込みで楽しむことが大事だと私は思っています。
あと、色んな人が集まる場では、人の話を聞くこと譲歩することは、とてもとても大事なことです。
ゲームに限った話じゃないです。
ゲームだから、相手の顔が見えないネットだからと言って、傍若無人に振舞うのは好ましいことではありません。



そんなわけで、必ずしも人数がいれば有利になるというものではないという話でした。
もちろん、ソロにはソロなりの難しさがあるのも事実です。
と言うか、ソロで最後まで行けるもんなんだろうか。
不可能ではない……と感じます。
既にソロで踏破している人もいるかもしれませんね。

そしてやはり、多人数には多人数ならではの楽しさがあるのも確かです。
今の所、どっちの方が好きかということは言えませんね。





3 難易度


3回プレイしてみた感想で言えば、かなり難しい
ソロでの踏破も不可能ではないように感じますが、今の私には荷が重いようです。

まず、全ての武器種をある程度は使いこなすことが必要とされます。
特定の武器でしか戦ったことがないという人には、かなり厳しいものがあると思います。
特に、遠距離職専門の場合は更に厳しいものになるでしょう。

というのも、最初の素手の状態では、近接戦闘をするしかありません。
素手で敵を殴って倒し、そこから武器やその他アイテムを手に入れる必要があります。
近接はさっぱり、という状態だと、序盤から詰みます。
チャレンジクエストに行く場合、最低限度の近接戦闘をこなせるだけの腕前が必須です。

さて、素手で敵を殴り倒し、ようやく武器を手に入れました。
当然、何を装備しても素手よりは攻撃力は上です。
使わない手はないでしょう。
となると、手に入れたその武器を使って敵を倒さなくてはなりません。
もちろん、

「俺はソードしか使わん。ソードが手に入らないのなら最後まで素手で戦うぜ!」

というプレイングもきっと楽しいですが、そーゆーことはもっと慣れてからでもいいと思います。

やはり、全ての武器をある程度までは使いこなせないと、先に進むのが大変です。
その辺も、難易度を上げている要素のひとつですね。



他には、敵のレベル。
多人数が前提になっているからなのか、プレイヤーと敵のレベルに大分開きがあります。
レベル一桁でレベル二桁のボスと戦うような感じ。
こちらはユニットもロクにないので、たった一発の被弾でも非常に危険な状態になります。
雑魚相手でも、立て続けに三発もらったら高確率で床を舐めるでしょう。
既に少し触れましたが、攻撃ばかりを考えるのではなく、被弾を減らす立ち回りは必須でしょう。

これまでのPSO2はどうしても火力優先で防御を軽視する傾向がありましたが、その思考のままではチャレンジクエストの進行が危ぶまれます。
これも、難易度が高いと感じる理由の一つです。



結局の所、前評判どおり、より純粋にプレイヤースキルが試されるということですね。
逆に言うと、チャレンジクエストで鍛えられることで、プレイヤースキルの向上が見込めるんじゃないでしょうか。
どうしても床ペロが多くてフレやチムメンに迷惑をかけてしまう、なんて人は、ここで鍛えてもらうのもいいかもしれません。





4 インターバルに関するあれこれ


ミッション2をクリアすると、上記画像のようなインターバルエリアで一休みすることができます。
ここではVRエネルギーの減少はなく、ゆっくりと準備をすることができます。

ただ休憩するだけではなく、リサイクルショップでお買い物も可能。
話には聞いていたけど、何をどんなものとどんな風に交換するのか気になっていました。

交換の基本は、武器なら武器、消耗品なら消耗品、ディスクならディスクって感じです。

言い忘れていましたが、チャレンジクエストではスキルもディスクとしてドロップします。
このディスクを使用することでスキルを習得するんですね。
ただ、PAやテクのディスクと比べてスキルのディスクはドロップが少ないように感じます。

リサイクルショップを初めて覗いた時に思ったのが、

スキルディスク、使わなければ良かった

スキルディスクはスキルディスクと交換が可能です。
もちろん1:1などという都合の良いレートではありませんが、それでも習得するスキルを選べることのアドバンテージは大きいでしょう。
ぶっちゃければ、打撃アップとかを使って僅かばかりの補正を得るよりは、残しておいてリサイクルした方が良いです。


武器に関しては、自分の得意武器を入手するチャンスになります。
また、PAは拾ったけど武器がない、なんて状況にも良いでしょう。





5 ドロップ


全体的に渋いように感じます。
通常クエストならばポンポン落ちるのに、チャレンジはロクに落ちません。
特にユニット。

また、エリアによってドロップがある程度決まっているようにも感じられました。
完全ソロだった2回はいずれも、最初に拾った武器はライフルとソードでした。
PAも、ソードならツイスターフォール、ライフルならワンポイント。
テクはフォイエしか見てません。

ま、3回しかやってないからわかんないけど。
でも、少なくとも最初からオーバーエンドが落ちたりはしないってことでしょう。





6 種族


通常ならば、種族の差はほとんど気にならないのですが、チャレンジに限ってはそうとも言えないような気がします。
確かに、ステータス上の種族差は、微々たる物です。
ですが、そもそもレベル1という低ステータス状態で始まるチャレンジクエストの場合、相対的に種族差の影響は大きくなります。

全てのアークスがレベル1のチャレンジャーという同じ条件になる中で、一つだけ違うのは種族ということになります。
どの種族が有利、という話をここでする気はありませんが、自分の使っている種族のステータスを少し気にした方が良いかもしれません。
いずれにしても、種族は変更不可能です。
種族差の影響を考えるのならば、種族に適したスタイルを選択することになります。

……ま、そこまで気にしなきゃならないほどの影響が出るような気はしないんだけどね。





7 魔法戦士として


通常のクエストの感覚だと、ソード使ってるのにテクのディスクを手に入れてもなあ、なんて思うんですよ。
いや、私じゃないですよ?
私は魔法戦士なんで、あまりそういう風には思いません。

長く魔法戦士をやっている私から、一つアドバイスです。

テクを手に入れたら、とりあえずサブパレに入れとけ。

最初は多分フォイエでしょう。
どうせ序盤なんて、サブパレはスカスカです。
どんな武器が得意で、その時どんな武器を使っているかに関わらず、テクを習得したらまずサブパレに入れましょう。
何? ロッドやウォンドを持っていたら、サブパレより武器パレの方がいいんじゃないかって?
ロッドやウォンドのみで戦う場合はそれでもいいと思います。
でも、状況によって武器は替えるでしょう?
テクは、サブパレに入れておけば武器によらず使用が可能です。

でも、打撃武器とか射撃武器でテク撃っても、大したダメージ出ないんじゃないの?
って思うよね?
それは確かにその通りなんだけど、レベル一桁の状態なら、意外と馬鹿にならない。
私の体感では、何かしらの武器を持った状態の通常攻撃一発分くらいにはなってる
キャストでそれくらい出るんだから、ニューマンならもっと出るんじゃ?

通常攻撃一発分のために、PP20も使うんですか?
と思われるのも仕方がない。
けど、そこは使いよう。
ハッキリ言って、連射するとPP効率は下がる一方だけど、要所要所で使う分には悪くないと思う。
こちらの攻撃が届かない遠距離に対して、PPを遊ばせるくらいなら撃った方が良い。
少しくらいなら殴ればすぐ回復できるから。

もちろん、ライフルとワンポイントとかがあるんなら、そっちの方がいいと思うよ。
ただ、そういうのがいつもあるとは限らないのがチャレンジクエスト。
あるものを使わなきゃならないし、あるものしか使えない。
テクは法撃武器で使うもの、という固定観念に縛られる必要は、ないです。



これが、魔法戦士の発想。





ざっとこんなもんか。
とにかく、楽しいです。
時間に余裕があれば、ちょくちよく通いたいと思っています。
報酬のことは全く考えていません。
☆13が欲しいんじゃなくて、リンドクレイが欲しいんだし。



関連記事
スポンサーサイト

2015-03-14 : ファンタシースターオンライン2 : オンラインゲーム : 考察 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント
 ※非公開コメントは受け付けておりません


 ※投稿されたコメントは、管理人の承認後に表示されます
 ※スパム、または誹謗中傷やその他不適切な内容を含むと管理人が判断したコメントは、承認せず削除することがあります

 ※現在、試験的に承認制を解除しているので、コメントは投稿後すぐに表示されます
 ※FC2ブログの仕様により、想定外の文言が禁止ワードに引っかかって投稿できない時があります

ソード鍛えなおす!
先ずは共通シップでの初対面、ご足労ありです!
チャットやのんびり推奨の多少の血走り傾向は致し方なし(かな?)として、
話もさることながら同じ魔法戦士の戦闘も楽しかった^^
あのときテク使うときは法撃武器を使わずPAなしのソードでテク撃ってしまうことが多々ありましたw
もはや職業病^^;

被弾を減らす立ち回りに関しては痛感しましたね~
慣れない武器であえてガード狙う行為(ガードしたがり症候群)で失敗があったので、いつもの「逃げないスタイル」は迷惑を自分なりに抑えつつもう少し精進せねば!と思いました。
(あくまで辞めない)

また会いましょう!
2015-03-15 22:09 : BK URL : 編集
Re: ソード鍛えなおす!
いらっしゃいませ。
いつもありがとうございます。

共通シップなので、「ご足労」はお互い様ですよ。
こちらこそ、ありがとうございました。
それほど長時間遊べたわけではないですが、とても有意義な時間を過ごせたものと思います。

近接武器を握っているのにテクをバンバン撃つ展開は、とても好きです。
私の方には法撃武器は落ちなかったから、どの道いつものサブパレ発動になっただけなんですけどね。

ガードしたがり症候群は、わかるなあ。
これ、魔法戦士に限らず、結構多くの方が患ってるんじゃないですか?
二人してJG失敗して転がった時は笑ってしまいました。

己のスタイルというのは大事だし、こだわっていいところだと思います。
ただ、誰とどんな風にプレイするかによって、多少こだわりと譲歩の配分を変えていくことは必要だと思います。
その辺も込みで、自由に楽しく遊べるのが一番ですよね。

是非また、遊びに行きましょうね。
2015-03-18 21:06 : 刃渡まつり@PSO2 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ & 独り言

貴方はもう、
独りなんかじゃない。
魔法戦士のたまり場
素敵な仲間が、
貴方を待っているよ。

学ラン、詰襟、ヒャッハー!


今のお気に入り。


せっかくのドゥドゥ弱体なので、ダガーとTマシ新調した上にスキル振り直してツインガンダガー完全リニューアルした。リミブレチェインから何をやるか考え中。暫定でシンフォ→ワルツ→ノクターン。どこまでチェインが乗ってるかはわからん。
尚、ダガーはサイカ・ヒョウリを使用。固有のメギバのおかげでガルミラなしでも空中回復できるぜヒャッハー!
あと、ツインガンダガーはやっぱりかっこよくて楽しいです。


どうもアイテムパックが窮屈だなと思って、ちょっと内訳を確認してみた。

武器:13
ユニット:3
リング:2
コス:38(パーツ含む)
武器迷彩:13
ギャザ消耗品:4
雑貨(ムーンその他):9
合計:82/150

所持品の半分以上がオシャレ用品(コス+迷彩)であると判明。最大値の150から比較しても、3分の1がオシャレ用品。だって、女の子だもんっ!(ぶりっ子訓練中)
地味に武器の多さも見逃せないが、これくらいはアークスの嗜みとしては普通だよね。


やっとBrのクラスキューブ終わったー! 次はBoだぜ。武器も新調したし、久しぶりだから少し楽しみなのです。


健康って大事だなって、ホント思う。身体壊したら何にもできないからね。この身体さえ回復してくれれば、ブログの再開だってできるのに。


引退宣言みたいな感じの記事書いてますが、ゲームは細々と続けてます。
しかし、ツイッター封印しただけでもブログ書きたい気分が急上昇するね。いや、元々やる気だけは充分あったのよ。ホント、時間と体力の問題だけ。


ドゥドゥが弱ってたから、新しいブーツとDB買って叩いた。
無心の型がウチの子のプレイスタイルにハマりすぎてて笑うしかない。
リンドクレイの第二潜在とかが無心になったら、ガチで悩むレベル。


リンクページに友の会メンバーnanabachさんのブログを追加しました。

現在、試験的にコメント承認制を解除しています。
ついでに、左側のプラグインエリアに「最新コメント」を追加しました。

リンクページ新設。
それに伴い、グローバルナビゲーションに「リンク」を追加。

サイトをちょっぴり改装。
こういうタイトル画像、やってみたかったんだよね。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「コメント」をクリックしてもコメント欄にジャンプしない不具合を修正。

重たい記事が下がったので、記事の表示件数を元に戻しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

魔法戦士まとめ(EP2)
脱稿しました。
ページが妙に重いので、記事の表示件数を減らしました。

魔法戦士まとめ(EP2)
の執筆中です。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

IEでレイアウトが大幅に崩れていた不具合を修正。
カテゴリリンク、メニューバーに
「魔法戦士と弟子S」を追加。

「魔法戦士と弟子S」第三回
の製作に入りました。
ということを、更新停滞の言い訳にしてみる。
まあ、誰も待ってないけど。

新コンテンツ
「魔法戦士と弟子S」
始めました。
会話文形式の日記になっています。

新しいコンテンツの準備中につき
更新が停滞しております。
ちなみに、予定している新コンテンツは 役に立つものではありません。

「おすすめ記事」
を設置してみたよ。
下↓にあります。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

ちょっとずつ進めてちょっとずつ更新する予定だった
「ダルスソレイド強化計画」
が完了してしまったので更新。

「ダルスソレイド強化計画」
を、
進行状況に合わせて更新中。

PSO2小説
「モニカにお仕置き」
を掲載。
私の笑いのセンスは
少しズレている、ということを
久々に思い出した。

.
.

ゆっくりしていってね。

初めての方は、
このブログについて
からご覧ください。

このブログで使われているゲーム画像の著作権は、以下に帰属します。 (c)SEGA PANTSYSTAR ONLINE2
ブログパーツ
-法務省 ネットによる人権侵害に関する広告

プロフィール

刃渡まつり@PSO2

name : REIKA
class : 魔法戦士(Hu/Te)
ship : 6
team : 劇団ロンリースター
ブログ管理人 : 刃渡まつり

PSO2で魔法戦士やってます。

みんなの最新記事

法撃と双刃剣

    ドゥドゥモア6号店

      TeBrでぶらりPSO2