PSO2魔法戦士研究レポート。と、テキトーな日記。

魔法戦士が行く!

好きな武器ランキング。

各武器について思うことなどを、お気に入りランキングという形式でまとめてみる。





  • 以下のランキングは、あくまで私個人のお気に入りの序列です。
    私が自分の趣味と主観で、好きな順に並べているに過ぎません。


お気に入り武器ランキング
1stソード
2ndカタナ
3rdロッド
4thタリス
5thツインダガー
6thツインマシンガン
7thガンスラッシュ
8thデュアルブレード
9thジェットブーツ
10thワイヤードランス
11thパルチザン
12thダブルセイバー
13thアサルトライフル
14thウォンド
15thナックル
16thランチャー
17thバレットボウ

「使いこなせる」と言ってもいいのは、9位までだと思う。
10位から下の武器で戦うのは、ちょっとしんどい。










1st ソード


やっぱソードでしょ。
ウチの魔法戦士の主武器でもあります。

射程、射界に優れ、癖がなく扱いやすい武器。
攻撃速度は控えめであるものの、昨今の梃入れでヒットストップやJAタイミング辺りが改善され、性能は上がっています。
昔はソードの通常攻撃ではロクに滞空できなかったけど、今は結構いける。

武器アクションはガード。
EP3からはジャストガードとジャストカウンターが標準装備になり、Hu以外が全クラスソードを持っている時でもできるようになりましたね。
カタナ実装時の不公平感と言ったら……。

やはり近接戦闘時はジャストガードに頼らなければならない場面も多々でてきます。
と言うか、慣れてくるとガードする必要がなくてもガードしたくなってしまいますよね。
ジャストガードって、ちょっと快感。

PAも様々なタイプが一通り揃っており、使い分けることであらゆる状況に対処できます。
ソードの最大の魅力の一つは、この汎用性でしょう。
オーザじゃないけど、迷ったらソード!ってくらいには使いやすい武器ですね。
もちろんPSO2初心者の人にもオススメだし、だからと言って上級者が使わないってこともない。

……まあ、EP2まではどちらかと言うと不遇な部類に入る武器でしたけど。
今なら始めたばかりの人にもオススメできるなあ。
とりあえずソードをぶん回して色々試してみて、ゲームそのものに慣れてきたら他の武器も使ってみる、みたいな。


魔法戦士としての観点で言えば、ソードの魅力は以下の二つ。

  • テクと相性が良い
  • 法撃付きや全クラスのソードが豊富

テクとの相性ということを言えば、オーバーエンドは外せません。
ライドスラッシャーもいいですね。

武器交換で対応することも可能ですが、やっぱり魔法戦士なら打撃武器を持ったまま法撃も使いたいですよね。
その意味でも、ソードは非常に魅力的な武器でしょう。


☆筆者のお気に入りPA

  • ライジングエッジ
  • ノヴァストライク
  • オーバーエンド

<まとめ>

癖がなくて扱いやすく、汎用性に優れる武器。
初心者から上級者まで幅広くオススメ。
法撃付きや全クラス用も多いため、魔法戦士にもオススメです。
ソード×テク、楽しいよ?









2nd カタナ


これも扱いやすい武器です。
通常攻撃は変な癖もなく真っ当。
また、通常攻撃の性能はピカイチ。
ツインダガーに準じるほどの攻撃速度でありながら、ツインダガーとは違い、JAで敵を仰け反らせたり攻撃をカットすることができます。
射程と射界は広いとは言えないものの、決して狭くはないでしょう。
強いて言うなら、ステップアタックが若干曲者ですが、慣れれば気になりません。
比較的滞空もしやすく、敵を打ち上げて延々と空中で殴り続けることも可能。

武器アクションはソード同様ガード。
やはりデフォルトでジャストガードとジャストカウンターが標準装備になっていますが、カタナのジャストガードは反撃が自動で発生します。
ガードがらみはソードと同じ感覚で使っていけるので、ソードで慣れた人なら使いこなすのに時間はかかりません。

カタナコンバットやコンバットフィニッシュを使えば、瞬間的に大ダメージを与えることもでき、火力面も◎。

PAは、ソードほどではないにしろ、一通り揃っている感じで汎用性は低くありません。
全体的に挙動が速く、見た目がかっこいいものが多い気がします。


魔法戦士的なことを言えば。
テクとの親和性はソードには及ばない感じ。
法撃付きや全クラス用も少ないし、敢えてカタナで魔法戦士をしなくてもいいような気もします。
ただ、高性能の通常攻撃を軸にした連続攻撃には安定感があります。
この点においてはテクも織り込みやすく、悪くないですね。



☆筆者のお気に入りPA

  • ゲッカザクロ
  • ツキミサザンカ
  • カザンナデシコ

<まとめ>

通常攻撃の性能は、トップクラス。
PAも扱いやすいものが多く、カタコン&コンバットフィニッシュで火力面も上々。
とりあえず色々かっこいいので、手数で華麗に戦いたい貴方にオススメ。









3rd ロッド


魔法戦士なんで、やっぱ法撃武器は欠かせないんですよ。

ロッドの最大の特徴は、高い法撃力ですね。
トリッキーな取り回しもなく、非常にシンプルな武器と言えます。
逆に言うと、その分、面白味には欠けるかも。

テクニックの威力を重視するならロッドで決まり。

魔法戦士としては、ウォンドやタリスに比べると全クラス用が多いのも魅力です。
テク職をサブにしている魔法戦士ならば、遠距離戦闘用に一本は欲しいところ。



☆筆者のお気に入りテク(ロッドで使うもの)

  • イル・グランツ
  • ナ・メギド
  • ギ・グランツ

<まとめ>

テクの威力を重視するならロッドが一番。
シンプルゆえに面白味に欠けるが、扱いやすいのも確か。
全クラス用も豊富なので、魔法戦士必携かも。









4th タリス


法撃力はロッドに劣るものの、使う状況と使い方次第ではロッドを凌駕するパフォーマンスを発揮します。

最大の特徴は、射出された媒体を基点にテクニックを発動できる点。
ラ・フォイエのような、狙った地点に直接作用するようなテクだとあまり意味はないですが、自分の周囲に作用するようなテクの場合は俄然面白くなります。
ギ・フォイエのように周囲を薙ぎ払うタイプのテクならば、お手軽に遠距離用範囲殲滅として使うことができます。
レスタ等の補助テクならば、遠距離から味方を回復するという使い方もOK。
ナザンやラグランツみたいな近距離専用テクを遠くから、なんてことだって。
まあ、これをやる場合にはゾンディールで集めてからの方がいいけどね。
後は、ビッグヴァーダーの後部ミサイルハッチの下に潜って、下からミサイルハッチにナゾンデとかもできなくはない。
とにかく、応用の幅がやたら広いのが特徴です。

その反面、扱いを間違えると、自分を回復しようとしたのに投げた先で発動しちゃった、みたいな事故も起こりやすいです。
より有効に使いこなすためには肩越し視点の利用も必要となり、少々敷居の高い武器でもあります。
私は肩越し視点が苦手なので、上空に投げてラ・ゾンデ、みたいな使い方はしません。

ともあれ、使いこなせればこんなに楽しい法撃武器もないでしょう。

また、遠距離のままPP回復ができるのも魅力かも。
投擲動作に大きめの硬直があるから、ちょっと使いにくいけどね。


☆筆者のお気に入りテク(タリスで使うもの)

  • ギ・グランツ
  • ラ・グランツ
  • ナ・グランツ

<まとめ>

法撃力はロッドに劣るが、応用の幅なら無限大?
遠距離のままPP回復もできて、らくちん。
レスタ事故には気をつけて。









5th ツインダガー


このブログで触れたことはないですが、実はかなり好きな武器です。

攻撃速度は全武器中ナンバーワン。
攻撃範囲の狭さもナンバーワン。
その上、ギアが乗ってないとJAでも敵が仰け反らないとゆー。
ちょっと極端な武器ですね。

しかしその真髄は、空中戦にあります。
PAも空中戦に特化したものが多く、使いこなせば自在に縦横無尽に空を駆け巡ることができます。
慣れてくれば、一切着地せずに敵を殲滅することも可能。
まあ、空中戦にこだわりすぎるのも考え物ですけど。

武器アクションはスピン。
その場で回転し、360度をフォローするガードができます。
このガードはジャストガード扱いになるため、きちんと受けられればダメージは一切発生しません。
非常に優秀なので、クラス構成にFiが入ってなくても全クラスダガーを持ち歩いて使ってもいいくらい。

とてもかっこよく、使っていて気持ちのいい武器なんですが、やはり慣れが必要なのは難点でしょうか。
地面に足が着くとギアが一瞬でなくなる仕様であるため、ツインダガーを使う以上は空中戦のマスターは必須課題となります。

Fi武器の中で、私が唯一まともに使いこなせる武器、だったりする。
魔法戦士的には、やはりラザンやサザンを組み込んでいくとかなり楽しいはず。
実践はしてない。


☆筆者のお気に入りPA

  • レイジングワルツ
  • シンフォニックドライブ
  • オウルケストラー

<まとめ>

縦横無尽に空を駆るエアマスター。
ややトリッキーなので、慣れるまでは時間がかかるかも。
テクを織り交ぜた連続攻撃にも期待が持てるけど、ウチの子はやってないよ。









6th ツインマシンガン


私が唯一まともに使える射撃武器。
とりあえず、映画「リベリオン」を彷彿とさせる動作が大好き。
PAのエルダーリベリオンは、あの映画が名前の元ネタでしょ?
シフトピリオドに至っては、もうクリスチャン・ベールの姿しか思い浮かばない。
これぞガン=カタ。

射撃武器の中ではかなり毛色が異なる武器。
射撃武器でありながら、PAは体術の方が多いんじゃなかろうか。
ヒールスタッブとかはまだ銃を撃つからいいけど、エリアルシューティングとかデッドアプローチ、リバースタップのどこに銃要素が?
などというツッコミは、既に百万回はされているでしょう。

だから私でも使えるんじゃないかとは思うわ。

武器アクションのスタイリッシュロールがやたら高性能で、色々と使い道がある。
まず、長い無敵時間。
本来の使い道は、疑いようもなく回避。
なんだけど、滞空を維持しやすいという性質があり、「滞空を維持」どころか高度を少しずつ上げることも可能。
その意味では、ダガーと双璧をなすエアマスターかもしれない。

通常攻撃は、少々貧弱な印象。
ツインマシンガンの性質上、単体にしか当たらず、周囲を巻き込むということがない。
ヒット数こそ多いものの、一発辺りのPP回復量も少なめ。
とは言え、スタイリッシュロールで滞空しつつ撃っていればそこそこ回復できる。
攻撃を受けるリスクが小さい状態でPP回復ができるという意味では、FoのPP回復用として運用できないこともない。
集気光付きのツインマシンガンをクラフトでFo装備可能にしてPP回復用として使うってのはアリだと思う。
集気光マシンガンが少ないのがネックだけど。

PAは使いやすいものが多い印象。
初期のPAは微妙だったが、後に追加されたエルダーリベリオン、インフィニティファイア、ヒールスタッブはお手軽に強い。
それだけに頼りすぎると単調なプレイングになりがちではある。
楽なんだけどね。


☆筆者のお気に入りPA

  • ヒールスタッブ
  • バレットスコール
  • エルダーリベリオン

<まとめ>

限りなく打撃武器に近い射撃武器。
滞空性能が高く、お手軽に強いPAも多いから初心者でも扱えそう。
ただし、お手軽PAに頼りすぎると飽きるのも早いかも?









7th ガンスラッシュ


ウチの魔法戦士が昔ガンスラフォースだったことを考えると、実はかなり使い込んだ武器なんじゃないかと思えます。
打撃と射撃の両方を使うことができて、且つ、クラスを問わず装備できる武器。
なので、補助武器のような印象もありますが、PAもちゃんと揃っているので馬鹿にはできません。

通常攻撃も、打撃と射撃の両方がある。
打撃の攻撃範囲はかなり小さめ。
射撃の射程はツインマシンガンより長くライフルより短い感じ。
武器アクションで打撃と射撃を切り替えるため、回避はステップに頼るしかない。
ただ、射撃でのPP回復効率は非常に良いので、テク職は持ってた方が良いかも。

各職にはそれぞれ専用の武器があるわけですが、専用武器でできないことをするには最も手頃な武器でしょう。
……やっぱり補助武器だよなあ。
例えばRaの場合、ライフルとランチャーでは草むしりができない。
TAで草むしりをする時にはこれがないとショートカットができないですね。
近接職が遠距離を攻撃したい時とかも、ガンスラの射撃で一応攻撃は届くようになると。
……やっぱり補助武器だなあ。

PAは、打撃と射撃を組み合わせたような感じのものが多いようです。
使いやすいものが多いとは思うけど、可もなく不可もない印象。
ただ、一部のPAは非常に優秀で、アディションバレットなんかはかなり重宝されていたはず。
あれもお手軽に強いんだよなあ。
ウチの魔法戦士は、あれが実装される前にガンスラはやめてしまっていましたが。

魔法戦士的にも、ガンスラは補助武器という立ち位置。
遠距離でのテクを主軸にしている時に、PP回復用として使用するに止まります。
ガンスラフォース時代はメインで使っていたんですが、射撃はほとんど使いませんでした。
私が射撃の扱いを苦手としているからです。
そもそもウチの魔法戦士は、遠距離ではテクを使います。
あえて射撃に頼る必要がありません。
頼る必要がないから使わず、使わないから苦手意識もなくならないという悪循環。
この苦手を克服する必要があるかどうかはともかく。


☆筆者のお気に入りPA

  • サーペントエア
  • エインラケーテン
  • スリラープロード

<まとめ>

打撃と射撃がこなせて、どんなクラスでも装備できる万能武器。
補助武器っぽいけど、優秀なPAもあるし、使い方次第では強力。
一番の用途は、やっぱPP回復か?









8th デュアルブレード


ついこの間、詳しい話を書いたばっかりなので割愛。

参考 ⇒ デュアルブレード所感

☆筆者のお気に入りPA

  • ヘブンリーカイト
  • ディスパーシュライク
  • スターリングフォール

<まとめ>

通常攻撃にやや使いにくさがあるものの、それ以外はおおよそ優秀。
PAはダブセ並みにヒット数が多く、当てているとちょっと気持ちいい。
ツインダガーよりも二刀流って感じが強い。









9th ジェットブーツ


打撃と法撃をこなせる法撃武器。
あくまで法撃武器であるため、通常攻撃やPAが打撃でも、その強さは使用者の法撃値に依存します。

そう。
法撃武器であるにもかかわらずPAがある点もこの武器の大きな特徴ですね。
一部で「ウォンドにもPAが欲しい」という声が上がっていたのは知っていますが、こういう形で実現するとはねえ。
ともあれ、武器パレにPAとテクの両方をセットできるのはジェットブーツだけです。

しかし、両方を武器パレにセットできるからか、現在実装されているPAはたったの三つ。
ちょっと寂しい気もしますが、この三つはいずれもお手軽に強いので充分という気も。
エレメンタルスタンスが存外に強く、他の近接職のスタンスと併用するとなかなかの火力が出ます。
PAが強いんで、こだわりがなければ単調なプレイングになってしまうでしょう。

しかし、こだわり始めると癖の強さに悩まされることになります。
エレメンタルスタンスとの兼ね合いから、ゾンディールやメギバ、ザンバのような補助テクが使いにくいというマイナス面もあり。
通常攻撃三段目が2ヒットになる武器が多い中、ジェットブーツは二段目が2ヒットになってるとか。
滞空しやすい仕様なのに、通常攻撃の速度がそこまで速くないため、空中で敵をお手玉しにくいとか。
そもそも火力面を見れば、敢えてテクとPAの両方を使う必要があんまりないとか。

魔法戦士的には、決して悪い武器ではないし楽しい武器だとも思います。
ただ、あまりにもお手軽にPAとテクの両方を使うことができてしまうために、物足りないです。
こだわり派の魔法戦士や、EP2までで既に立ち回りを確立している魔法戦士からすると、ちょっと微妙な武器かもしれません。
ですが、お手軽に魔法戦士プレイが楽しめる武器なのは確かです。
これまでに魔法戦士をやったことがない人が魔法戦士入門として始めるには、非常に良い武器なのではないでしょうか。


☆筆者のお気に入りPA

  • ストライクガスト

<まとめ>

テクとPAの両方を武器パレに入れることのできる特異な武器。
お手軽に魔法戦士プレイを楽しめるのが魅力。
だけど、既に魔法戦士としての経験値が高い人には物足りないかも。









10th ワイヤードランス


ソードと同じくHu用武器なのに、この順位の差は何なんだろう。

割と癖のある武器です。
通常攻撃の攻撃範囲は、全武器中トップクラス。
速度は遅めだけど、通常攻撃だけで広範囲を薙ぎ払えるのは便利ですね。

その一方で、PAはホールド技がメイン。
広い範囲を薙ぎ払える通常攻撃とは対照的ですらあります。
もちろん、ホールド技とは言え広範囲をフォローするPAもあるので、そんなに気にならないですけど。

掴んで投げたり叩き付けたりっていうのは、どこか快感を伴いますね。
だから結構好きな武器ではあるんですが、ちょっと扱いが難しい部分がネック。

初期のPAは、本当にホールド技オンリーでした。
ボスや一部の中型など、掴めない敵も多数出てくるので、当時はかなり上級者向けの武器だったと思います。
何しろホールドできないと、恒例の光の玉になってしまって、PAによっては威力がかなり下がります。
ボス戦ではPAのチョイスや当て方も重要になります。

今ではホールドしない技も多数実装され、当時ほど玄人向けの武器ではなくなったのかなという印象。
それでも、最初期からあるPAホールディングカレントの威力は頼もしく、ボス戦ではこれをいかに上手く当てるかという点で、慣れと技術は依然として要求されるでしょう。

意外と法撃付きが多いのも特徴ですね。
ウチの子は使いませんが、魔法戦士に適した武器の一つと言えます。


☆筆者のお気に入りPA

  • アザースピン
  • ワイルドラウンド
  • ヘブンリーフォール

<まとめ>

通常攻撃の範囲は広く、その辺は初心者でも使いやすい。
が、ホールドPAが多く、使いこなすには慣れと技術が必要という玄人仕様。
実は法撃付きが多いから、魔法戦士にも向いている武器。









11th パルチザン


この武器の何が一番不満かって、槍の癖に射程が短いことだよ!
ソードの方が射程長いし射界も広いでしょ、絶対。
Hu武器の中では攻撃速度は速い方だけど、劇的に違うと言うほどではない。
それで攻撃範囲に劣るなら、槍のアドバンテージって何よ?

という疑問が正式サービス開始当初からあって、どうも使う気になれない武器。
もちろんそれなりに使い込んではいるんですが、ついに馴染めませんでした。
PAも微妙なものが多いし。
アサバスとスラエンが実装された頃には、既に完全にパルチから離れてました。

まず言っておかなければならないことは、私は打ち上げ系のPAが大好きだ
パルチにもライジングフラッグという打ち上げ系PAがあるんですが、すっごい使いにくい。
かなり踏み込むPAなので、上手く当てるには踏み込み分を計算に入れた間合いの取り方をしなければならないんですが、身に付かなかったと言うか。
結構練習したんですけどね。
まあ、物凄い昔の話ですけどね。

この時点で、かなりテンション下がる。

アサバスが実装されて少し使ったりもしたけど……結局今日に至るまでほとんど使ってない。
だから、パルチ使いは尊敬します。

あとスライドシェイカーは、私が使っていた当時、スーパーアーマー付いてたような気がするんですが私の記憶違いでしょうか。


☆筆者のお気に入りPA

  • アサルトバスター
  • スライドシェイカー
  • バンタースナッチ

<まとめ>

可もなく不可もない印象。
ライジングフラッグが使いにくくて挫折した。
アサルトバスターは大好き。









12th ダブルセイバー


パルチよりは練習したけど、やっぱり馴染めなかった武器。

通常攻撃はかなり遅い。
ヒット数は多く、PP回復に優れる。
Fi武器全般に言えることだが、攻撃範囲はかなり寂しい。
それでもFi武器の中では広い方……なのかな?

武器アクションは、かまいたちと言うか竜巻みたいな感じのものを発生させて敵を斬りつける攻撃。
ちなみに、ギアがないと発生しないため、ただ全クラス用のダブセを持っただけでは悲しいことにしかならない。
ツインダガーやナックルは武器アクションで敵の攻撃を防御したり回避したりできるが、ダブセに関しては、クラス構成にFiが含まれていなければ全クラス用と言えど持つ意味が少ない。

てな感じで、割と癖の強い武器かと思います。
PAもなかなかの曲者ぞろいで、使いこなすためにはそれなりの修練が必要でしょう。
玄人向けの武器と言って差し支えないです。
しかし、やっぱりデッドリーアーチャーを当てた時の快感は何とも言えないものがあります。
あれのDPSがどうとかは、私は興味がありません。
あの、シャカシャカシャカって敵の身体を削り取ってる感じがたまらなく好きです。
間合いが重要になるPAなので、上手く当てようと思ったら慣れが必要です。
当たると気持ちいいけど、カス当たりとかだと逆にフラストレーションが溜まってしまいます。
まあ、私だけかもわかりませんが。

魔法戦士的なことを言うと、意外とPA×テクは組みやすいのかなという印象。
ゾンディールからも結構できることが多いので、楽しかったんですが。
結局、馴染めなかったなあ。


☆筆者のお気に入りPA

  • デッドリーアーチャー
  • アクロエフェクト
  • イリュージョンレイヴ

<まとめ>

どちらかと言えば玄人向き。
とりあえずデッドリーを当てるのは気持ちいい。
PA×テクは、意外と組みやすい。









13th アサルトライフル


PSO2をやり始めたばかりの頃の話をします。
正式サービス開始直後くらいですね。

ビーム、拾ったんですよ。
当然、光線銃的なエフェクトを期待するじゃないですか。
撃ってみたくなったんですが、まだレンジャーはLv1。
もちろん、装備できません。
頑張って、レベル上げました。

そして、いよいよ装備できるようになり、喜び勇んでビーム担いで森林へGO!

ぱきゅんぱきゅん。

実弾じゃねーか。

それ以降、ライフルは触っていません。


嘘です。
そこそこ使ってます。


射撃武器の中では、随一の射程距離を誇ります。
実際、通常攻撃の射程は長く、レティクルが表示される距離ならば大体当たります。
もっとも、そこまで遠距離になると命中精度も落ちますけど。
まあ、通常攻撃にそこまでの命中精度を要求してもしょうがない気もしますけど。
と言うか、命中精度はともかくそんなに長距離でも当たるということの方が重要でしょう。
敵の接近速度がそんなに速くないVHまでなら、長射程を活かして敵を嬲り殺すことも不可能ではありません。

私はリサがあまり好きではないんですが、低火力ならではの嬲り殺しには私も興奮します。
あれは良いものですよ。
遠くにいる敵に、一方的に銃撃。
のそのそ近付いてくるけど、接近される頃には満身創痍。
そこで、すかさず逃げる。
そしてまた撃つ。
何もできずに倒れる敵。
気持ちいいですね。

ライフルに限らず、抵抗できない敵をじわじわと嬲るの、好きなんです。
私は打ち上げ系のPAが大好きで、ラザンも大好きです。
打ち上げられた敵っていうのは、完全に無防備で無抵抗です。
それを一方的に嬲る。
気持ちいいでしょ?

私がリサを好きになれないのは、同族嫌悪でしょう。


PAも、初期の頃は低火力でしたね。
まあ、Raはウィークバレットが使えるので、火力が高いとバランスが崩壊します。
とは言え、WBからのスニーク連射はそれなりに強かったし、接射ホーミングが猛威を振るっていた時代もありました。
今でも有効な戦術だとは思いますけど。
ただ、その火力もWB前提というところが苦しいなと私は感じました。

多少扱いやすくなってきたのは、インパクトスライダーが実装された辺りでしょうか。
サテライトカノンも強いし。


しかしながら、アサルトライフルをより有効に活用しようと思ったら、やはり肩越し視点は必須です。
そこそこ使い込んではみたものの、肩越し視点が苦手なので、私の射撃の腕もその辺で止まってます。

結局、私が射撃苦手なのって、肩越し視点が苦手っていうその一点に尽きるんじゃないか。


魔法戦士としては、ラザンで打ち上げてワンポイントで蜂の巣にするのが大好きです。
全く意味はないですけど、ザンバースを展開して通常攻撃とかも良くやってました。
いずれも大昔の話です。



☆筆者のお気に入りPA

  • インパクトスライダー
  • ワンポイント
  • ホーミングエミッション

<まとめ>

射程は長いが、火力はイマイチ。
極めようと思ったら、肩越し視点のマスターは必須。
WBを使えば、ソロでの爆発力はトップクラスか。









14th ウォンド


そもそも打撃には剣を使うし、法撃用にするならロッドの方が強い。
という理由で、サブがTeであるにもかかわらず、全く使わなかった武器。

法撃武器とは思えないほど高い打撃値があります。
数字だけならパルチザンに匹敵するようですね。
法撃は、ロッドに劣りタリスに勝る程度。
打撃と法撃を兼ね備えた武器とも言えます。

その真価は、ウォンドギアによって引き出されます。
Teスキルのウォンドギアを習得することで、通常攻撃ヒット時に法撃爆発という追撃が発生します。
もちろん、ギアが溜まっていることが前提ですけど。
この火力が、バカにならない。
それでいてテクニックも普通に使えるのだから、バウンサーに先駆けた公式魔法戦士の元祖と言っても過言ではありません。

事実、Teの打撃はFoを上回り、Raと同等。
打撃防御に至っては、打たれ強さが売りのHuと同等です。
尚且つ、法撃力はFoと同等。
これだけ見れば、どう考えても魔法戦士です。

以前このブログでも話したことがありますが、PSO2界隈では「魔法戦士」より「魔法剣士」という呼び方の方が多数派です(当ブログ調べ)
そのため、剣を使うことのできないTeは、ウォンドギアで殴るスタイルであっても魔法剣士とは呼ばれず、「殴りテクター」と呼ばれるようになりました。
魔法戦士って呼んでも差し支えないんじゃないかと個人的には思いますが……PAがあるわけでもなく、得物も杖だからか、戦士と言うよりは魔法職と見なされるのでしょう。

とは言え、この「PAがない」というところは魔法戦士としては割かし致命的で。
ウォンドラバーズの修正が入るまでは、ステップもなかったわけで。
そうなると、どうしても戦士っぽい立ち回りは難しくなります。
打撃と法撃の両方を使いこなすという意味では魔法戦士でも、立ち回りがあまり戦士っぽくないんですね。
魔法戦士としては、ちょっぴり不遇かな、と思います。

不遇なのはそれだけではなかったようで。
長らく、「Teが息してない」とか言われていましたが、EP3で息を吹き返した感がありますね。
ウォンドラバーズの大幅修正が大きいと思います。
常時ギアがマックス状態で、ステップが使えるところは変わらず。
それに加えて、制限時間の撤廃と、発動モーションの高速化。
かなり、魔法戦士的に立ち回れるようになったんではないかと思います。

特にステップの存在は大きいでしょう。
これによって、ウォンドでもウチの魔法戦士と同じような立ち回りが可能になります。
具体的に言うと、ゾンディールからの攻めですね。
ゾンディ後にステップで離れて、ステアタ空振りから敵を振り返りながらJAサザンで反撃を防止しつつ殴るって感じです。

まあ、結局、PAはジェットブーツに持っていかれたわけですが。
どっちにしても、剣を使うウチの子にはウォンドは必要ないんですが。



<まとめ>

PAこそないが、比較的手軽に魔法戦士プレイを楽しめる武器。
その場合、ウォンドギアとウォンドラバーズは必須。
メインで使う場合には、やはり6色揃えなければならないのだろうか……。









15th ナックル


最も苦手な打撃武器。
その一番の理由は、空中戦がやりにくいこと。

撃ち上がって無防備な敵を嬲るのが好きとは言いましたが、打ち上げには別の目的もあります。
原則として、打撃武器の通常攻撃は前進します。
武器によって前進の度合いはまちまちですが、必ず前進します。
ナックルも例外ではありません。
この前進が、良くも悪くもあります。

そもそも近付かなければ話にならない打撃武器。
攻撃しながらの前進は必要なものです。
しかし、密着状態の場合はこの前進が仇になります。
敵を通り抜けてしまい、攻撃が当たらなくなりますから。

しかし、空中での通常攻撃は、一切前進しません。
なので、状況によって、地上攻撃と空中攻撃を使い分けるわけです。

ところがナックルの場合、ジャンプした瞬間にギアがゼロになるという仕様に象徴されるように、空中戦が不得意です。
打ち上げの有無に関わらず、空中からの攻撃を多用する私のプレイングとはどうしても噛み合わないんですね。

それなら、飛ばなくても大丈夫な立ち回りをすればいいわけですが。
……結構練習したんだけど、挫折したんだよう。


ちなみに、武器アクションはスウェー。
スウェーではなくダッキングと呼ぶべきでは、という説もありますが、とにかく一瞬だけ敵の攻撃をかわすことができます。
これも身に付かなかった。

PAも通常攻撃も攻撃範囲は狭く、先述した通常攻撃の前進も併せると、間合いの取り方が非常にシビアな武器ですね。
難しい武器だと思います。
しかし火力は高く、その割に攻撃速度も速いという、パワーとスピードを兼ね備えた武器でもあります。

Fi武器全般に言えることですが、やはり玄人向けの武器という印象ですね。


魔法戦士的にも、やはり難しい武器です。
まあ、私が早々に挫折してしまったので、魔法戦士としてナックルをどう扱えばいいかわからないってだけなんですが。
ただし、法撃付き武器はほとんどありません。
確か、ストロングゴコウだけだったはず(2014年9月現在)
その意味では、魔法戦士向きの武器とは言い難いでしょう。



☆筆者のお気に入りPA

  • ストレイトチャージ
  • スライドアッパー
  • ダッキングブロウ

<まとめ>

パワーとスピードを兼ね備える武器。
間合いの取り方がシビアで難しく、使いこなすにはかなりの慣れと技術が必要。
ペンデュラムロールで「まっくのうちっ!」はお約束。









16th ランチャー


ドカンと一発、敵を吹き飛ばす。
敵に向かった砲弾は着弾で炸裂し、通常攻撃とは思えないほどの範囲に爆風を撒き散らす。
そんな爽快感のある武器ですが、実際に使ってみると難しいです。

まず通常攻撃。
弾速は早くないので、対象との距離が離れるほど当てにくくなります。
ライフルやバレットボウのように移動しながら射撃できるわけではないので、機動力もイマイチ。
更に、速射性が低い上に、PP回復量も少ない。

長所はやはり、一撃の破壊力と攻撃範囲ですが、それも当たらなければ意味がありません。
弾速の低さが命中精度の低さに繋がってますが、着弾した時の爆風が広範囲だから問題ないようにも思えます。
でも、爆風の発生は、あくまでも着弾することが前提です。
どこにも当たらなければ、爆風も発生しません。

ここで必須になるのが、やはり肩越し視点。
直撃させずとも爆風の範囲に巻き込めればいいと考えるのならば、近くの地面にでも当てればよいのです。
そうすれば、多少の命中精度の低さは気にならなくなるでしょう。

しかし、私は肩越し視点が苦手だ。
ものすっごく苦手だ。
そこで、ランチャーによる近接戦闘を提唱するわけです。

速射性はともかく、弾速の遅さによる命中精度の低下は、近接することで補うことができます。
当てやすい的(まと)の条件は、「近い」と「でかい」です。
近ければ近いほど命中精度は上がるので、ダメージを与え易くなりますね。
もちろん、近接戦闘にはそれなりのリスクもありますけど。


PAは、バリエーションが豊富な印象。
いかにも大砲らしい技から、大砲であることを疑いたくなる技まで揃ってますね。
もちろん、近距離パワー型ランチャーに適したPAもあり、なかなかに飽きさせません。


魔法戦士的には……難しいなあ。
ライフルでも似たようなことをやってたけど、ラザン打ち上げからコンセントレイトワンとか。
範囲が広いものが多いので、メギバースとは相性が良い気がする。

ちなみに。
実は意外と法撃付が多い武器だったりします。
魔法砲士的なものを目指してみるのも面白いかも。
……私はやりませんけどね。
ランチャー苦手だし。
近距離パワー型ランチャーで遊んでたのも、大昔の話だし。



☆筆者のお気に入りPA

  • ゼロディスタンス
  • クレイジースマッシュ
  • フレイムバレット

<まとめ>

破壊力は大きいが、速射性と機動力は鈍重(ロデオ除く)
真っ当に遠距離戦闘で使うなら、肩越し視点のマスターは必須。
近距離パワー型ランチャーも面白いよ。









17th バレットボウ


これまでの武器は、私自身がそれなりに使い込んだ武器です。
しかし、ちょっと触っただけで、ほとんど使ってない。
苦手すぎる。

何が馴染めないかって、通常攻撃が当たらないところ。
通常攻撃にチャージがあるのもかなり異質な感じ。
チャージしないと、弾速・命中精度・威力・PP回復量、どれをとってもかなりアレ。
ラピッドシュート使えって話なのかもしれないけど、そんなSPの余裕はない

通常攻撃にしても、敵の動きを先読みして前もって移動先に置いておく感じじゃないと当たらない。
でもこれって、私の苦手な肩越し視点がないと絶対にできない。
まあ、正面から真っ直ぐ突っ込んでくるヤツには当たるけどさ。

PAも曲者揃いな印象だなあ。
使いやすいのは、文句なしにマスターシュート。
てか、それ以外は使いこなせる気がしない。

ぶっちゃけ、通常攻撃の時点で挫折したようなもの。
バレットボウが得意な人は、マジで尊敬する。



☆筆者のお気に入りPA

  • マスターシュート

<まとめ>

通常攻撃で挫折したわたくしごときに語れることはございません。



関連記事
スポンサーサイト

2014-09-30 : ファンタシースターオンライン2 : オンラインゲーム : 考察 : コメント : 2 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント
 ※非公開コメントは受け付けておりません


 ※投稿されたコメントは、管理人の承認後に表示されます
 ※スパム、または誹謗中傷やその他不適切な内容を含むと管理人が判断したコメントは、承認せず削除することがあります

 ※現在、試験的に承認制を解除しているので、コメントは投稿後すぐに表示されます
 ※FC2ブログの仕様により、想定外の文言が禁止ワードに引っかかって投稿できない時があります

ぶっちゃけた個人的格付けお疲れですw
人それぞれ違う好みを拝見して面白いですね(^^)/
大概の人は「強さ」で選んでいる中、「好き」で選んでいるのが共感です!

俺がダブセの話をすると長ぁーくなってしまうので割愛w

これだけは譲れないって武器があると、より一層ゲームを楽しめますね^^
2014-10-02 22:01 : BK/Ater @ダブセの魔法戦士 URL : 編集
Re: タイトルなし
いらっしゃいませ。
コメント、ありがとうございます。

好みとか趣味は人それぞれ違うもので、違うからこそ興味深く面白いっていうのはありますよね。
もちろん、戦うゲームである以上、「強さ」を蔑ろにするわけにはいきませんが、自分の命がかかってるわけじゃなし、好きなものを使うのが一番です。
強いかどうかよりは、自分にとって使いやすいかどうかの方が大事だし、性に合っている物ほど好きになり、好きな物ほど性に合ってたりするものです。

是非とも本職ダブセ使いのお話は伺ってみたいものですが、こんな小さなコメント欄では収まり切らない愛なのでしょうw

全ての人がそうであるわけではないでしょうか、譲れないものやこだわりぬきたいもの、そういうものもゲームをより一層楽しくしてくれますね。
私も、こだわりのある人は好きです。
2014-10-03 20:45 : 刃渡まつり@PSO2 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

お知らせ & 独り言

貴方はもう、
独りなんかじゃない。
魔法戦士のたまり場
素敵な仲間が、
貴方を待っているよ。

学ラン、詰襟、ヒャッハー!


今のお気に入り。


せっかくのドゥドゥ弱体なので、ダガーとTマシ新調した上にスキル振り直してツインガンダガー完全リニューアルした。リミブレチェインから何をやるか考え中。暫定でシンフォ→ワルツ→ノクターン。どこまでチェインが乗ってるかはわからん。
尚、ダガーはサイカ・ヒョウリを使用。固有のメギバのおかげでガルミラなしでも空中回復できるぜヒャッハー!
あと、ツインガンダガーはやっぱりかっこよくて楽しいです。


どうもアイテムパックが窮屈だなと思って、ちょっと内訳を確認してみた。

武器:13
ユニット:3
リング:2
コス:38(パーツ含む)
武器迷彩:13
ギャザ消耗品:4
雑貨(ムーンその他):9
合計:82/150

所持品の半分以上がオシャレ用品(コス+迷彩)であると判明。最大値の150から比較しても、3分の1がオシャレ用品。だって、女の子だもんっ!(ぶりっ子訓練中)
地味に武器の多さも見逃せないが、これくらいはアークスの嗜みとしては普通だよね。


やっとBrのクラスキューブ終わったー! 次はBoだぜ。武器も新調したし、久しぶりだから少し楽しみなのです。


健康って大事だなって、ホント思う。身体壊したら何にもできないからね。この身体さえ回復してくれれば、ブログの再開だってできるのに。


引退宣言みたいな感じの記事書いてますが、ゲームは細々と続けてます。
しかし、ツイッター封印しただけでもブログ書きたい気分が急上昇するね。いや、元々やる気だけは充分あったのよ。ホント、時間と体力の問題だけ。


ドゥドゥが弱ってたから、新しいブーツとDB買って叩いた。
無心の型がウチの子のプレイスタイルにハマりすぎてて笑うしかない。
リンドクレイの第二潜在とかが無心になったら、ガチで悩むレベル。


リンクページに友の会メンバーnanabachさんのブログを追加しました。

現在、試験的にコメント承認制を解除しています。
ついでに、左側のプラグインエリアに「最新コメント」を追加しました。

リンクページ新設。
それに伴い、グローバルナビゲーションに「リンク」を追加。

サイトをちょっぴり改装。
こういうタイトル画像、やってみたかったんだよね。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「コメント」をクリックしてもコメント欄にジャンプしない不具合を修正。

重たい記事が下がったので、記事の表示件数を元に戻しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

魔法戦士まとめ(EP2)
脱稿しました。
ページが妙に重いので、記事の表示件数を減らしました。

魔法戦士まとめ(EP2)
の執筆中です。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

IEでレイアウトが大幅に崩れていた不具合を修正。
カテゴリリンク、メニューバーに
「魔法戦士と弟子S」を追加。

「魔法戦士と弟子S」第三回
の製作に入りました。
ということを、更新停滞の言い訳にしてみる。
まあ、誰も待ってないけど。

新コンテンツ
「魔法戦士と弟子S」
始めました。
会話文形式の日記になっています。

新しいコンテンツの準備中につき
更新が停滞しております。
ちなみに、予定している新コンテンツは 役に立つものではありません。

「おすすめ記事」
を設置してみたよ。
下↓にあります。

「法撃付き武器一覧」
を更新しました。

ちょっとずつ進めてちょっとずつ更新する予定だった
「ダルスソレイド強化計画」
が完了してしまったので更新。

「ダルスソレイド強化計画」
を、
進行状況に合わせて更新中。

PSO2小説
「モニカにお仕置き」
を掲載。
私の笑いのセンスは
少しズレている、ということを
久々に思い出した。

.
.

ゆっくりしていってね。

初めての方は、
このブログについて
からご覧ください。

このブログで使われているゲーム画像の著作権は、以下に帰属します。 (c)SEGA PANTSYSTAR ONLINE2
ブログパーツ
-法務省 ネットによる人権侵害に関する広告

プロフィール

刃渡まつり@PSO2

name : REIKA
class : 魔法戦士(Hu/Te)
ship : 6
team : 劇団ロンリースター
ブログ管理人 : 刃渡まつり

PSO2で魔法戦士やってます。

みんなの最新記事

法撃と双刃剣

    ドゥドゥモア6号店

      TeBrでぶらりPSO2